今日は重陽の節句!

本日9月9日は五節句のひとつ、「重陽(ちょうよう)の節句」です。

聞いたことあるけど~、なんやったっけ??(笑)
そんな方(書き手含む)のために、調べました!!

まず五節句というのは、
人日(じんじつ)の節句  1月7日(七草の節句)
上巳(じょうし)の節句  3月3日(桃の節句)
端午(たんご)の節句   5月5日(菖蒲の節句)
七夕(しきせき)の節句  7月7日(笹の節句)
重陽(ちょうよう)の節句 9月9日(菊の節句)
だそうです。

重陽の節句は一番最後の節句なんですね。

昔は奇数は縁起が良く、偶数が縁起が悪い、と考えられていて、その奇数が重なる日をお祝いしたのが五節句の始まりとされています。
おめでたいことにも悪いことにも転じやすいと考えられ、お祝いと一緒に厄払いもされてきました。
中でも一番大きな奇数(陽数)が重なる、つまり9月9日を陽が重なると書いて「重陽の節句」と定め、不老長寿や繁栄を願う行事を行ってきました。

重陽の節句はもともとは中国古来の行事で、平安時代頃に日本に伝わったそうです。
当時は菊を愛でながら宴をし、菊で厄払いや長寿祈願をしていたそうです。
江戸時代では栗ごはんを食べたり、今でも菊酒、などクリスマスほどではないですが(笑)、季節のものを楽しんだり、行事ごとがあったりしますよね。

京都はあいにくの雨ですが、今日は菊の花を飾って楽しむのもいいかもしれません。
お酒が好きな人は、今日は菊酒で一杯やりましょう(笑)

質問があればこちらからご記入ください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*